読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信

おはようごさいます!将来への不安でそろそろ押しつぶされそうなHATOです!

 

今日は面白い話を考えていないんですが

こんなキモオタヒキニートの僕にも褒められる部分があるんです。

それは「声」なんですね。

神谷浩史という方をご存知ですか?

ワンピースのローや化物語阿良々木暦の役をやっている声優さんなんですが

その声に似てると言われることが多々ありまして、

知ってる人ならわかると思うんですが

俗に言う「イケメンボイス」というというやつなんです。

 

そんなことを言われてこのヒキニート調子に乗りやがったんですね

バンドを組んでしまったんです。これが一番だめだった。

ボーカルの女の子ができなくなり、

僕がボーカルになるなどというアクシデントがあったんですが、

そんな僕はというと

「俺にはできる!」

なんて根拠のない自信があったんです。

結論を言ってしまえば結果はひどいありさまで

あまりのうまくいかなさに、歌い終わったあと

すみませんでしたと謝ってしまうという

一緒にやってくれてた子にもとても失礼なことを言って終わったんです。

 

そんなことがあってから僕は自信をもつことができなくなり、

今こうやってヒキニートしているわけなんです。

毎日思い出してはベットの上で奇声をあげてます。

全校生徒の前でそれをやりましたので笑

もう何年も前の話なのにいまだに前に進めてないんです。

忘れたい思い出のひとつですね

 

ではまた!